盛岡市野球協会

クラス分け案のアンケート

各クラスの強化等を狙いとして、クラス分けを考えています。皆様の考えをお知らせください。


盛岡市野球協会は、加盟チームの強化とB、Cクラスの試合数の均一化を図るため下記の案を考えています。
来年2020(令和2年度)から実施したいと思いますが、これについての考えをお知らせください。
  回答先=メールi8903mrba@gmail.com  ファクス638-5693  電話090-2889-8903
*この方策により登録チーム、大会参加数が減少するときは、提案を取り下げます。

盛岡市野球協会加盟チームは、下記のクラスにわけられ、それにより盛岡市予選または県大会に参加する。
Aクラス  構成最大数 4=チームは県大会に直接参加する。
参加可能大会=岩手県民大会(市民体育大会)・天皇賜杯・県選抜
Bクラス  構成最大数 16(県大会構成ブロックの登録チーム。岩手南、紫波郡を含む)
参加可能大会=岩手県民大会(市民体育大会)・東日本一部・高松宮賜杯一部=県大会参加枠2
Cクラス  A・Bクラス以外のチーム(県大会参加2チーム=登録31チーム以上)
参加可能大会=岩手県民大会(市民体育大会)・東日本二部・高松宮賜杯二部=県大会参加枠2
県大会出場枠の2代表を確保(31チーム)してBクラスの枠数を決定する。
OBクラス 県大会参加2チームは年度登録が15チーム以上
参加可能大会=岩手県民大会・日本マスターズ・関東東北北海道・岩手県OB=県大会参加枠2
上位4チームは次年度の参加大会でシードされる。シード枠は抽選による。
*県民体と日本マスターズの県大会参加枠は盛岡市に1だけ割り当てられている。
A・B・Cクラスはクラス別に年間大会による登録チームの成績(獲得ポイント)により順位を決定する。
ポイントの設定は、
 
 組合せによる不戦勝、没収試合の勝ちは考慮しない(ポイント対象外)。
  年間でチーム毎に各得点を合計し多い点数から順位化する。
同点は①大会の参加数②大会別でのポイント×3が多い③ポイント÷試合数の数字の大きいもの。
クラスの入れ替えは、
Aクラスの最下位とBクラスの一位は自動で入れ替える。
Bクラスの下位2チームとCクラス上位2チームを自動で入れ替える。
Bクラスの下位から3番目~5番目とCクラス上位3位~5位のチームは入替戦で決める。
BCの入れ替え戦の組合せは抽選とする。
 昇格を希望しない正当な理由が会長に認められたとき二年間に限り昇級を猶予し、以後の順番で繰上げとする。
 次年度登録時にチーム名が変更しないときは、登録メンバーの異動は問わずその資格を有する。
 登録チーム名を変更したときは、登録メンバーが前年の6名以上在籍すればその資格を有する。
 上記以外のチーム名が変更時の昇級、降級は、その構成や実力を審査の上決定する。
 全軟連規定により昇格があったときや他の地域での変更は該当のクラス数を調整する。
 新規登録と上記を満たさぬチームはCクラス登録とする。
 上記により入れ換え枠に空白が生じたときは会長が指定する。